花言葉やマナーには気をつけよう


フラワー電報を利用する際に注意しておきたいこととしてまず挙げられるのが、贈るお花の花言葉についてです。お花1つ1つには花言葉が込められており、せっかくのお祝いなのにも関わらず言外の意味として不吉なお花を贈るのはNGとなります。次に注意したいのが鉢植えかどうかという点です。病院までお花を贈る場合、鉢植えに植わったお花をプレゼントするのはNGとなります。これは病気が「根付く」から由来しているマナーで、出産後に少しだけ入院していなければならない奥さんのことを考慮して、鉢植えだけは避けるようにしてください。この他にも、電報の内容には注意しておきたいところです。祝電はお祝いの言葉になりますので、やはりこちらも忌み言葉を用いるのは良くありません。死を連想させるような言葉や、別れを連想させる言葉、不吉に思われる可能性のある言葉などは避けて、お祝いの言葉を紡いでいくようにしてください。

近年ではこういったマナーへの配慮はなされているもので、祝電用のフラワー電報を提供している側が、シーンにピッタリのお花を用意していることが多く、マナーについてそれほど心配する必要はないかもしれません。とはいえ、自分で目を通したうえでフラワー電報を活用するようにすれば、より安心できるといえます。