花言葉やマナーには気をつけよう


フラワー電報を利用する際に注意しておきたいこととしてまず挙げられるのが、贈るお花の花言葉についてです。お花1つ1つには花言葉が込められており、せっかくのお祝いなのにも関わらず言外の意味として不吉なお花を贈るのはNGとなります。次に注意したいのが鉢植えかどうかという点です。病院までお花を贈る場合、鉢植えに植わったお花をプレゼントするのはNGとなります。これは病気が「根付く」から由来しているマナーで、出産後に少しだけ入院していなければならない奥さんのことを考慮して、鉢植えだけは避けるようにしてください。この他にも、電報の内容には注意しておきたいところです。祝電はお祝いの言葉になりますので、やはりこちらも忌み言葉を用いるのは良くありません。死を連想させるような言葉や、別れを連想させる言葉、不吉に思われる可能性のある言葉などは避けて、お祝いの言葉を紡いでいくようにしてください。

近年ではこういったマナーへの配慮はなされているもので、祝電用のフラワー電報を提供している側が、シーンにピッタリのお花を用意していることが多く、マナーについてそれほど心配する必要はないかもしれません。とはいえ、自分で目を通したうえでフラワー電報を活用するようにすれば、より安心できるといえます。

もらって嬉しい、思いの溢れる贈り物


最近の電報はサービス内容も進化しており、言葉だけではなくギフトも合わせて贈ることが可能になっています。可愛いぬいぐるみを一緒に添えて電報を送られたり、カタログギフトと一緒に送れたりなど、様々なギフトと一緒に電報サービスが提供されていますので、出産祝いや結婚祝いなどのシーンに活用してみてはいかがでしょうか。フラワー電報はその名の通り、電報と一緒に花束やドライフラワー、ブーケなどを送ることができるというサービスで、手紙のような言葉だけではなく、一緒に贈り物もできてしまうという魅力がありますのでおすすめです。

電報の申し込みは電話やインターネット上から行うことができます。必要となるものは送り主の名前と住所、メッセージの内容、相手の名前と住所になります。電話から申し込むこともできますが、手軽さでいえば、やはりネット上からの申し込みです。必要となる費用は文字数によって変化し、65文字までならば920円、66文字以上のメッセージになると5文字ごとに90円ずつ加算されることになります。しかし、フラワー電報サービスを行っている“répertoire”では、最大100文字まで申込可能です。携帯でメッセージを贈るのとは違い、花を添えて送るメッセージこそが電報の面白さでもあります。

電報部分は、防水加工しているのでメッセージがにじむこともありません。
文例は68種類と豊富にご用意。オリジナルメッセージは、最大100文字まで。定型文例に加え、自分流のメッセージも加えることができます。(漢字・カナ・ローマ字も使えます)

また、別途料金が必要になりますが、台紙を選ぶことができる点も電報の魅力。綺麗な台紙に綺麗な言葉、贈り物には最適です。

電報ってまだ残ってるの?


電報というと、携帯電話・スマートフォン世代の若い人たちからするとあまり馴染みがないものかもしれません。確かに電報は、メッセージを送信するサービスのなかでは、とても歴史の深い存在です。若い世代の方々にとってみれば、初めて聞くという方も多いのではないでしょうか。そんな電報の始まりは1930年代にまで遡ります。電話がなかった当時、遠方の人へ連絡を取る手段として電報が生まれることになりました。モールス信号を用いて素早く現地の人へ知らせを送る電報は、その後1960年代に電話、1980年代にはファックス、1990年代には携帯電話が誕生することによって利用者が激減することになりました。現在、入学試験における合否の知らせを「サクラサク」「サクラチル」という言葉で表現することがありますが、これは電報を用いて合否の結果を報告した時に用いられた言葉であることは有名な話です。

このように利用者減少の一途を辿った電報サービスですが、現在でも事業は継続されており、有料で利用が可能です。冠婚葬祭に参加できない時に用いられることが多く、いまだに根強く電報の文化が残っているといえます。また、電報と一緒に品物を送ることが可能なサービスも登場しているなど、新たな道を歩み始めています。

出産祝いにフラワー電報はいかが?


結婚から出産、成人祝いや入学祝いなど、お祝いはいくつあっても良いものです。そんなお祝いのシーンには、贈り物をするのが通例になっていますが、さて何を贈ろうかと考えた時に、なかなか良いプレゼントが思い浮かばないという方も多いのではないでしょうか。身内や親族のお祝いならば出産祝いとしてご祝儀のようにお金を渡すのも良いかもしれませんが、友人や知り合いといった立場だと現金を渡すことは少しはばかられてしまう、気を遣わせてしまうということにもつながりかねません。だからといってお祝いの品を選ぶのも時間がかかるため、骨の折れることです。

そんな時におすすめなのが、お祝いに言葉を贈るというものです。贈り物の基本は、相手を思いやる気持ち、その気持ちを正確に伝えるためにお祝いの言葉を添えられると、もらう側としても気持ち良くもらうことができるものです。ですが、手紙だと重い感じになってしまいますし、また電子メールだとそれはそれで軽過ぎてしまうもの。同じ言葉であったとしても、贈り方によっては印象が変わってしまいますので注意しなければなりません。

電報という方法で言葉を贈ることは、出産祝いには丁度良い言葉の贈り方だといえます。近年ではすっかり廃れてしまった電報という手法は、利用者が少なくなったがために希少価値が生まれています。ということで、当サイトではフラワー電報の魅力について紹介いたします。出産祝いにもピッタリなフラワー電報とはどのようなサービスなのでしょうか。また、利用時にはどのような点に注意すれば良いのでしょうか。